東京都|品川区|制御盤|自家発用種制御盤|ポンプ用各種制御盤|産業プラント用制御盤|株式会社飯塚電機製作所|

qrcode.png
http://iizuka1933.co.jp/
モバイルサイトにアクセス!
株式会社飯塚電機製作所
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-17-9
ブライトビル501号
TEL.03-6417-3683
FAX.03-6417-3684
010237
 

会社案内

 

会社概要

会社概要
  ■会社名 株式会社飯塚電機製作所
  ■所在地 〒141-0031
東京都品川区西五反田7-17-9 ブライトビル501号
  ■電話番号 03-6417-3683
  ■FAX番号 03-6417-3684
  ■代表者 代表取締役社長 飯塚光正
  ■設立年月日 1933年11月1日
  ■取引銀行 三井住友銀行、さわやか信用金庫、商工中金
  ■資本金 1,600万円
  ■従業員数 31名
  ■業務内容 発電機盤、分電盤、移動電源車制御盤、各種制御盤
 

お問い合わせフォームへのリンク

お問い合わせフォームへのリンク
 
 

沿革

沿革
  1933年 飯塚光道が電力関係機器の修理及び電気工事を主体として
飯塚電機商会を創設。
  1941年 株式会社明電舎大崎工場の外注工場として電動機の製作に着手。
  1951年 エンジン発電機及びエンジンポンプの自動制御盤を開発。
以来この機種は着実にその成績を上げ、航空局の正式器材として
全国の各飛行場・通信施設ビーコン等の予備電源設備として逐年全国各地に
施設されるに至り、警察庁の正式器材として全国の通信所に、
又海上保安庁、各電力会社、NHK及び各放送局、工場、ビル等
北海道の北端から奄美大島に至る全国各地に設置されるに至り、今日なお
逐年新設が継続されている。
この自動制御を糸口として各種の自動制御部品の開発製作を進め、
オートメーションが世に普及するに伴いその分野も逐次エレクトロニクスの
性格を強めた。
  1952年 株式会社に改組。飯塚光道が代表取締役(社長)に就任。
株式会社明電舎に対する誘導機、直流機、交流発電機の一貫加工組立工場
並びに制御盤の一貫外注工場となる。
  1974年 飯塚光道死去に伴い飯塚賢治が代表取締役(社長)に就任。
  1987年 制御機部門を茨城配電盤団地内へ移転。
  1987年 本社移転。
ブレーキ用油圧装置特許 特許No.1444428号
  1991年 回転機部門厚木へ移転。
  1995年 飯塚賢治が取締役会長に就任。
飯塚達雄が代表取締役社長に就任。
  2002年 社団法人日本配電盤工業会より「JSIA優良工場」に認定される。
  2004年 8月 厚木工場(回転機部門)閉鎖。
  2005年 飯塚賢治 取締役会長退任。
  2014年 5月 飯塚達雄死去に伴い平間康司が取締役社長に就任。
  2017年 9月 本社 五反田へ移転。
  2019年 6月 平間康司が代表取締役社長を退任。
飯塚光正が代表取締役社長に就任。
<<株式会社飯塚電機製作所>> 〒141-0031 東京都品川区西五反田7-17-9 501号 TEL:03-6417-3683 FAX:03-6417-3684